アーカイブ: レビュー - ページ 3

レビュー

映画「夕陽のあと」ーー乳児遺棄・養子縁組・親権問題をとおして迫る親子、家族、コミュニティーの絆

茜は、一度は置き去りにした豊和を捜し当て幸せに暮らしている姿をて安心してきたが… (C)2019 長島大陸映画実行委員会 幼児が親に虐待され死に至るなど悲しいニュースが後を絶たない。虐待のため実の親か…
続きを読む
レビュー

映画「少女は夜明けに夢をみる」ーー“塀の中”で分かり合える仕合わせを知った少女たち

生きることに疲れたと言っていたハーテレだが… (C) Oskouei Film Production イラン国営の少女更生施設に収監されている十数人の少女たち。あどけない表情でオスコウイ監督のインタビ…
続きを読む
ニュース

[レビュー3]敵対・暴力の根源 『人間の本性:キリスト教的人間解釈』ラインホールド・ニーバー

敵対心や暴力が起こる背後には、人間の悪、罪、本性がある。新訳で刊行された古典的名作『人間の本性:キリスト教的人間解釈』(ラインホールド・ニーバー著、髙橋義文・柳田洋夫訳、聖学院大学出版会、4千70円税…
続きを読む
ニュース

[レビュー2]苦難への連帯『復讐の詩編をどう読むか』E・ツェンガー 

解決の見えない対立、抑圧、暴力に私たちはどう向き合うか。苦しみや不安、怒りの感情が長引けば、やがて人間的限界を超え、爆発してしまう。そのような事例が世界で頻発しているようにも思える。その争いの場にあき…
続きを読む
ニュース

[レビュー1]自然エネルギー利用で脱原発は可能 『自然エネルギーが地球を救う 「脱原発」への現実的シナリオ』

著者は、日本における風力エネルギーの学会創設者で、第一人者である。その働きは、NHKの『プロジェクトX』でも紹介された。そういう学者であり、現場で格闘してきた著者が、日本のエネルギー問題に切り込み、そ…
続きを読む
レビュー

映画「ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝」ーー芸術に神への絶対的信仰を求めた二人

案内役の女優バレリア・ブルーニ・テデスキ (C)2018- 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved 「ひまわり」「糸杉」など大胆な色彩…
続きを読む
レビュー

映画「人生、ただいま修行中」ーー看護学生たちの実地研修で奮闘するそれぞれの瞬間の素晴らしさ

(C)️Archipel 35, France 3 Cinema, Longride - 2018 来日していた10月9日に東京・聖路加国際病院で特別講義の講師を務めたニコラ・フィリベール監督が、パリ…
続きを読む
レビュー

映画「細い目」ーー初恋の衝撃に綴られた多民族社会に融和への物語

 マレーシアの女性映画監督で母方の祖母が日本人というルーツを持つヤスミン・アフマド没後10年周年記念としてアフマド監督の名を世界に知らしめた本作「細い目」が、遺作となった「タレンタイム~優しい歌」とと…
続きを読む
フォトニュース

10月6日号紙面:人と地域を音楽でつなぎたい  3人兄弟のソングライターユニット イーワイエスさん

人と地域を音楽でつなぎたい  3人兄弟のソングライターユニット イーワイエスさん 2019年10月06日号 08面 京都市山科区の単立・京都グレースバイブルチャーチ(関誠牧師)で育った3人兄弟、関栄理…
続きを読む
ニュース

[レビュー3]『信仰と建築の冒険 ヴォーリズと共鳴者たちの軌跡』『銀幕の中のキリスト教』『神学と神話 ドイツ文化誌の視座から』

 「私は、日本の琵琶湖畔に、神の国の福音宣伝のため、命を捨てたいです。私は敢えて信仰の冒険をやります」。各地で文化遺産になっている建築を始め、多様な働きで知られるヴォーリズ。今回新たに整理された資料や…
続きを読む