「いよいよ今日からだね」、オープンを待ちわびていた人たちが続々と訪れると、明るい店内には、なごやかな空気が流れた。

東京・千代田区の旧CLCお茶の水店店舗(お茶の水クリスチャン・センター内)に、新たにいのちのことば社直営店オアシスお茶の水店が1月5日にオープンした。新宿からの移転となる。

入り口では、1000円以上の買い物で挑戦できるガチャポンを設置、国内生産のコロナ感染対策の個包装タイプ型経式セットも陳列された。

中に入ると、新刊の台に、うずたかく積まれた「福音袋」が目立つ。

棚など備品は旧 CLC お茶の水店の物を継承した。「お茶の水に合った品を今後も充実させていきたい」とスタッフは言う。

新型コロナの感染拡大防止のための緊急事態宣言が発令される、という間際の状況となったが、店長の三上陽子さんは、「新宿からのお客様が途切れず来ていただけるように、お茶の水に来ていただいたお客も途切れず来ていただけるように」と願いを込め、店の存在をアピールした。

福音袋を数量限定で販売。1万円相当のグッズが入った。「スペシャル福音袋」が2,980円(税込)、「聖書入りスペシャル福音袋』は4,980円(税込)。

同時にオアシス新宿西口空店舗で 1月 5日~ 30日に「大・古書市」を実施する。

関連記事

オアシス新宿西口店通常営業終了 1月5日お茶の水移転 新宿は大古本市2020年12月25日

CLC Booksお茶の水店が閉店 1月5日から「オアシスお茶の水店」オープン2020年11月30日

「ナチュラル」「ホッとする」新宿に2店舗目 オアシス新宿西口店がプレオープン 2018年11月19日

【新連載】さよなら、書店? 「本屋」の存在意義①2020年4月4日

ウェブ版では最新号の全記事、過去の記事すべてを読むことが出来ます。

→ http://クリスチャン新聞.com/csdb/