「最後」の夜は静かに過ぎた。12月の「クリスチャン文書伝道団」(CLC)解散にともない、11月30日で、東京・千代田区のCLC Booksお茶の水店が閉店した。

閉店時刻の午後7時数分前、何人かの客がレジに並び、クリスマスのラッピングを待っていた。

多数のキリスト教団体の事務所、多用途のホールを有するお茶の水クリスチャン・センター内にあるが、コロナ禍で集会などが減ったためか、人の気配は少なかった。

昼間は注文などの電話が続いていた。閉店バーゲンセールの棚には隙間。閉店前に多くの人が来店したようだ。

CLC代表で、お茶の水店店長の中野覚さんは、最後の客のレジ打ちを終えると、こう語った。

「お茶の水クリスチャン・センターができたときからある書店だった。1月からは『オアシスお茶の水店』として、いのちのことば社に引き継がれる。全国のCLC各書店の引き継ぎも決まり、本当に感謝。今回のことは文書伝道を改めて考える機会になったのではないか。書店があるということは当たり前のことではない。これからは、今まで通りの在り方とはならないかもしれない。新しいキリスト教書店の在り方について、教会、信徒の皆さんで考えなくてはいけない時期に来ていると思います」

12月中は、改装準備にあたり、同所は2021年1月 5日からいのちのことば社直営店「オアシスお茶の水店」としてオープンする。

ポイントカードのポイントは、いのちのことば社商品引き換え券(いのちのことば社商品に限定)に移行できる。

新宿区のオアシス新宿店西口店も移転閉店となり、通常営業は12月25日まで。同店舗では 1月 5日~ 30日に「大・古書セール」を実施する。

関連記事

「キリスト教書店とわたし」 エッセー募集2020年11月30日

CLC広島店 地元の会社が引き継ぎ2020年11月27日

オアシス名古屋店スタート2020年11月13日

CLC解散 文書伝道の灯火を次代へ お茶の水、金沢、名古屋、京都、岡山、広島各店は独立・継承2020年10月20日

【新連載】さよなら、書店? 「本屋」の存在意義①2020年4月4日