アーカイブ: 神学・牧会 - ページ 44

北海道希望フェス レディースランチョンに800人

5月9日、本大会に先駆けて開かれた「レディース・ランチョン」には、定員500人予定のところに800人以上が集った。佐藤彰氏がバイブルメッセージ。東日本大震災での体験を分かち合うとともに、神様の守りと支えがあったことを証しした。信仰の招きに多くの参加者が応答した。(中田朗)【詳細は本紙で】
続きを読む

北海道希望フェス フランクリン氏記者会見

5月9日、「北海道・希望のフェスティバル」(同実行委員会主催)の開催を夕方に控え、メインスピーカーのフランクリン・グラハム氏、シンガーのアルフィー・サイラスさん、レーナ・マリアさんが記者会見を開いた。フランクリン氏は「希望のない人々に『恐れるな』との神様のメッセージを伝えたい」とし、本紙インタビューに対して福音宣教の困…
続きを読む
神学・牧会

ヨーロッパ在住の日本人を愛する集会 ミュンヘンから安藤宣教師

 故郷のために祈り合うクリスチャン都道府県人会(長谷川与志充代表)は、海外版として、ヨーロッパ在住の日本人を愛する集会を5月7日、東京・千代田区のお茶の水クリスチャン・センターで開いた。  講師は来日中の安藤里佳子(ミュンヘン日本語キリスト教会牧師夫人)。ヨーロッパの日本人クリスチャンの状況を報告して聖書から勧め、ヨー…
続きを読む
神学・牧会

関東人の可能性 クリスチャン県人会  森和亮牧師語る

 同郷の人々のために祈り合う、クリスチャン都道府県人会(長谷川与志充代表)の「関東」を愛する集会が、5月3日、東京・千代田区のお茶の水クリスチャン・センターで開かれた。講師は関東出身者として、栃木県出身で神奈川県在住の森和亮牧師(ハイランド・キリスト教会)が、自らの人生を振り返りながら、関東人の特徴と可能性について話し…
続きを読む
神学・牧会

アジア・中東の日本人のために祈る

 ふるさとのために祈り合う、クリスチャン都道府県(長谷川与志充代表)の特別篇、「アジア・中東在住の日本人を愛する集会」が4月19日、東京・杉並区のJECA・永福南キリスト教会で開かれた。 これらの地域での居住経験、関心を持つ人々が集まり、各地の報告や課題を共有し祈り合った。音楽ゲストとしてピアニストの菅野万利子(ユーオ…
続きを読む

チーム北海道で一丸 「北海道・希望のフェスティバル」大会直前決起大会

 5月9日から11日まで、北海道札幌市で開かれる1万人規模の伝道集会「北海道・希望のフェスティバル」(同実行委員会主催)まで27日となった4月12日、「大会直前 全道決起大会」が、札幌市中央区のホテルさっぽろ芸文館で開催。下川友也氏(同盟基督・日高キリスト教会牧師)が士師記7章1縲・節から「少数精鋭:恐れず、挫けず、高…
続きを読む

世界最大洋上書店 ロゴス・ホープ号5月に長崎、金沢初寄港

 世界最大洋上書店を備えた「ロゴス・ホープ号」=写真右=が5月、長崎市出島港、金沢市金沢港に初寄港する。運営はドイツの国際慈善団体「GBA(Good Books for All)Ships」だ。 長崎は3日から12日まで。一般公開時間は5月3日(土)、4日(日)、11日(日)が午後1時縲・0時、月曜日から土曜日(5月7…
続きを読む

アラブ人の救いがユダヤ人の救いに 第5回再臨待望聖会

 敵対関係にあるユダヤ人とアラブ人。3月も、イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザへの空爆の報復として、ガザからイスラエルへのロケット弾攻撃があったばかりだ。しかし、アブラハムの息子イサクとイシュマエルを先祖にもつ2人は、互いに愛し合う神の民だった。3月19日、大阪府大阪市のホテルグランヴィア大阪で、21日、東京・新宿…
続きを読む

イエス物語を映像、朗読、音楽で 「セレブレーションオブラブ」

 福岡で「希望の祭典in Fukuoka」が開催された翌日の3月17日、東京では昨年9月に引き続き「2014TOKYO セレブレーションオブラブ」(同実行委員会主催)が、ミンションNOW、ビリー・グラハム伝道協会、いのちのことば社の共催で、新宿文化センターで開催された。セレブレーションオブラブ」は聖書朗読、映像、日本の…
続きを読む

福岡「希望の祭典」に1万人 教会協力の“実”

 福岡県の教会とビリー・グラハム伝道協会(BGEA)が協力して準備して来た「希望の祭典 in Fukuoka(以下「希望の祭典」)」(同プロジェクトチーム、協力教会、BGEA主催)が3月14日から16日まで、福岡県福岡市博多区の福岡国際センター(15日「希望の祭典?」、16日「希望の祭典?」「マイティシープショー」)、…
続きを読む