アーカイブ: レビュー - ページ 64

レビュー

Movie「未来を生きる君たちへ」――力の正義から赦しの和解へ

(c)entropa Entertainments16 2004年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件以降、力を行使することで正義を貫徹する思潮、いわば'復讐'とか'報復'を'当然のこと'とする考え方が強まっていないだろうか。本作の原題は'HAEVNEN'(復讐)だが、スサンネ・ビア監督はそれでは平和は生まれない…
続きを読む
レビュー

Movie「Peace ピース」――猫社会から見えてきた「ともに生きる社会」

(c)2010 Laboratory X, Inc. ドキュメンタリーの分野に'観察映画'と銘打ち台本(構成表)、台詞、音楽なしのリアルな画像で出来事の本質を追っていく想田和弘監督の第3段の作品。なんとも日常的で温かな映像から、福祉事業の現場がとても人間的で人情の機微に触れる情景が印象深く伝わってくる。 数匹の野良猫に…
続きを読む
レビュー

Movie「一枚のハガキ」――いのちの輝き語る瑞々しい映像

(c)2011「一枚のハガキ」近代映画協会/渡辺商事/プランダス 今年4月に99歳の誕生日を迎えた脚本家で映画監督の新藤兼人が、「これが最後」と公表して昨年撮り挙げた監督作品。自身が1942年、32歳の時に召集され二等兵として呉海兵団に入隊した経験を元に、戦争の愚かしさと戦死した男たちを亡くした一家の悲惨さを軽妙洒脱な…
続きを読む
レビュー

Movie「光のほうへ」――心の暗闇から解き放つ愛の光

衣食足りて礼節を知るといわれる。だがそれは、衣食の足りる生き方にもよるのかもしれない。国民の8割がルーテル系国教会に所属するが、礼拝出席は5%程度といわれる。'もっとも幸福な国'と評された福祉国家デンマーク。生活保護手当や障害者年金など手厚い社会保障を受けながらその底辺に生きる者たちの満たされない心。下流社会に生まれる…
続きを読む
レビュー

Movie「幸せの太鼓を響かせて~INCLUSION~」――努力して、進まない明日はない

(c)2011 able映画製作委員会 サブタイトルの'INCLUSION'(インクルージョン)という言葉に、耳慣れていない方がおられるかもしれない。福祉の用語としては、「全ての人々を孤独や孤立、排除や摩擦から援護し、健康で文化的な生活の実現につなげるよう、社会の構成員として包み支え合う」という理念で、「障がい者が普通…
続きを読む
レビュー

CD「Dear Mama~お母さんへ~」I.Ary(アイ・アリー) ――若々しい感謝のことば

ジャケットは「ギフト用カード付きCD(税込1,365円)」(左)と(右)(税込1,575円)の二種 母の日に向けてつくられたCDで、岩本正樹プロデュースで(アイ・アリー) が歌っている。のファーストミニアルバムとなる。 収録曲は、LYREの宮脇栄子が書き下ろしのお母さんたちへの応援ソング「お母さんの味方」、母について歌…
続きを読む
レビュー

Movie「マイ・バック・ページ」――社会革命に胸を熱くした時代の青春と挫折

(C)2011映画「マイ・バック・ページ」製作委員会 1971年(昭和46年)に埼玉の陸上自衛隊朝霞駐屯地内で歩哨に立っていた自衛官が刺殺され、現場に新左翼のヘルメットが置かれていた朝霞自衛官殺害事件。この実際に起きた事件をモチーフに、理論と力で社会を変えられると若者たちが胸を熱くした時代の青春の挫折を描く。 「週刊東…
続きを読む
レビュー

Movie「4月の涙」――内戦の狂気のなか儚くも信念に生きた男女

 100年ほど前、フィンランドで内戦があったというイメージがあまりない。まして、片方の陣営は'男女平等'の理念から女性の志願兵を受け入れ、2000人ほどの女性が兵士として戦った。 その内戦末期に、敗走する赤衛軍のミーナ(ピヒラ・ヴィータラ)と白衛軍の掃討隊に所属するアーロ(サムリ・ヴァウラモ)は、敵同士で出会う。貧しい…
続きを読む
レビュー

Movie「メアリー&マックス」――受け止められた“自分らしさ”

(c)2008 Screen Australia, SBS, Melodrama Pictures Pty Limited, and Film Victoria FacebookやMixiなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が、ごく普通のコミュニケーションになっている現代。だが、かつては手書きの手紙で海…
続きを読む
レビュー

CD「Believe in Love」 Samuelle――寂しさに寄り添う歌声

収録曲:「Believe in Love」「Red Eyed Passion」「Rainy」「Movin’ On」「Hope」「約束―君は僕の太陽―」全6曲(税込1,680円)。同じCDだが、ジャケットは「ブルージャケットバージョン」と「レッドジャケットバージョン」の二種。メッセージカード付き。 韓流クリスチャンアーテ…
続きを読む