アーカイブ: 震災関連 - ページ 28

断食祈祷聖会2012「語り合うことがストレス解消の決め手」藤掛明氏

 断食祈祷聖会(同実行委員会主催=高木康俊実行委員長)の16日午後、臨床心理士の藤掛明氏(聖学院大学大学院准教授)が「平時のメンタルヘルス、非常時のメンタルヘルス」と題して講演した。  藤掛氏は、「ストレスには『別れ』が大きく影響する。最も大きいのが配偶者の死」とし、「信徒の別れ、役員の転勤など、牧師ほど?別れ?を体験…
続きを読む

断食祈祷聖会で原発覚え祈る

 断食祈祷聖会(同実行委員会主催=高木康俊実行委員長)は16日午後、「原発」をテーマに、各地の原発設置に関わる仕事をしてきた関口猛氏(日基教団・横浜岡村教会員)が、その経験を話した。  運輸会社で重量物の輸送、組み立て、据え付けを行う部署で働いていた関口氏は、原子炉圧力容器のつり上げ装置を組み立て、本体を搬入する工事な…
続きを読む

断食祈祷聖会2012 「大津波のように恵みが?」嶺岸牧師講演

 「断食祈祷聖会2012」(同実行委員会主催)が1月16?18日、東京・新宿区大久保の東京中央教会で開催。今年は「被災と閉塞感から立ち上がる日本と福音伝播─東日本大震災からのいやしと復興─」をテーマに行われた。  嶺岸浩氏(保守バプ・気仙沼第一聖書バプテスト教会牧師)は「被災地=宮城県からの報告」と題して講演。地震発生…
続きを読む

3・11超教派一致祈祷会で森章氏講演「いわきに33か国からのべ1万人が」

 震災10か月目の1月11日、「東日本大震災3・11超教派一致祈祷会」(同世話人会主催)が、東京・新宿区百人町の淀橋教会で開催。震災直後から、被災地・福島県いわき市の救援拠点として活動するグローバル・ミッション・チャペルの森章牧師が講演した。  森氏はこれまで、世界33か国からのべ1万人のクリスチャンボランティアが、救…
続きを読む

復興トラクト 被災地で印刷へ

 東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市にある(有)愛隣オフセット印刷社が、文書伝道で被災地の復興をとビジョンを広げている。同社を経営する阿部克衛さん(保守バプ・気仙沼第一聖書バプテスト教会員)は、津波で海岸にあった自宅が流され、同市本郷の印刷工場兼住居も1・6メートル浸水した。40年間で積み上げた約1億円相当…
続きを読む

福島第一聖書バプテスト教会員名乗る男性詐欺にご注意!

 東日本大震災にかこつけて、原発事故で避難中の福島第一聖書バプテスト教会員と名乗る男が、各地の教会を回って、お金をだまし取るなどの詐欺を働いている。  同教会の佐藤将司副牧師は「当教会の関係者(母親が教会員で津波で亡くなった)と偽り、各地の教会を訪ね歩いている『池田徳喜(いけだのりよし)』と名乗る男性がいることを、数教…
続きを読む