アーカイブ: 映画 - ページ 57

レビュー

Movie「ヘヴンズ ストーリー」――不条理な事件のなかにも差し込む“生”への絆

若年性アルツハイマーで記憶が薄らいでいく恭子の故郷に連れてきたミツオ  (C) 2010ヘヴンズ プロジェクト 光市の母子殺害事件、秋葉原での無差別殺傷事件など身近に起こる痛ましい事件。瀬々敬久監督は、人間の心の奥底に染み込んでいる「殺人」を引き起こす何者かを「怪物が棲みつきました。怪物は人間たちを襲います。神様は助け…
続きを読む
レビュー

Movie「君へのメロディ」――青春の初恋が奏でる愛の深さ

ユウ(左)と連弾するピアノ曲を聴くトキヤ  (C)2010 君へのメロディー製作委員会 青春時代の初恋と友情が、淡く切なく心に響いてくる物語。 両親が離婚したことで港のある町の高校に転校してきたトキヤ(佐藤永典)。転向した当日、同じクラスのシュン(佐々木喜英)と授業中に殴り合いのケンカ。だが、この激しい出会いが2人を大…
続きを読む
レビュー

Movie「彼女が消えた浜辺」――イスラム女性の深層描く心理ミステリー

子どもたちの凧揚げを手伝うエリ  (C)2009 Simaye Mehr. 女性は、黒髪から首まで覆う長いスカーフかチャドルを被り、体の線がでないようロングコートやゆったりした服を着ることが強いられている国イラン。その外面的なイメージは、イスラム教とキリスト教あるいは保守的な文化と自由主義というような対比も絡まり、ある…
続きを読む
レビュー

Movie「メッセージ そして、愛が残る」――今を生かされている素晴らしさ

(C)Copyright 2008 FIDELITE FILMS-AFTERWARDS PRODUCTION INC-AKKORD FILMPRODUKTION-WILD BUNCH-M6 FILMS ある日、人の死期を予見できる男が目の前に現れ、自分の死が近いことを悟らされたら、あなたはどうします? そんなショッキン…
続きを読む
レビュー

MOVIE「NECK ネック」――呪縛を解いた和解

(c)2010「NECK」製作委員会 恐怖体験が'人間の想像力'に強烈なエネルギーを与え、お化けのような妄想を現実化させる。そんな着想を実験で証明しようとする真山杉奈(相武紗季)が巻き起こす、エンターテイメントなホラー映画。奇想天外なストーリー展開に、さまざまなホラーのパロディを想起させられるシーンも盛り込まれていて楽…
続きを読む
レビュー

Movie「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」――命を懸けて自由な時代を希求した男

ピエール(左)に接触するフェアウェル  (C)2009 NORD-OUEST FILMS 米ソ冷戦時代の末期に実在したスパイ、コード名「フェアウェル」(farewell=本編ではセルゲイ・グリゴリエフ大佐)の実話をもとに、自由を希求する人間の本性と信念の強さを描いたサスペンス。 脚本と監督は、「戦場のアリア」で高い評価…
続きを読む
レビュー

MOVIE「氷雪の門 樺太1945年夏」――戦争への憤りと平和への願い込めて

(c)「氷雪の門」上映委員会 夏になると満州事変、日米開戦そして敗戦決断の一日を描いた映画「日本のいちばん長い日」など、戦争の悲惨さと平和への願いを訴える作品が映画、テレビなどで紹介される。だが、旧ソ連軍による樺太(ロシア名:サハリン)侵攻そのものを取りあげた映画は少ない。1962年から新聞の連載された「樺太終戦ものか…
続きを読む
レビュー

MOVIE「イエロー・ハンカチーフ」――孤独な3人が旅の果てに見つけたもの

(C)2009 DODI FILM RIGHTS RESERVED. 1977年に公開され、多くの支持を得て今なお、日本の映画史に残る名作「幸福の黄色いハンカチーフ」。それから33年。プロットはそのままに、ストーリーの脚色や設定を現代にアレンジし、アメリカを舞台にしてリメイクされた。 ◇ 不遇な人生を送ってきた男、ブレ…
続きを読む
レビュー

MOVIE「Beautiful Islands」――沈みつつある島々のアイデンティティ

(c)海南友子 観る者の心中に気象変動の'いま'が、静かにわき出てくるドキュメンタリー映画だ。 国連の研究機関の発表では'世界で最初に沈む島'と予測されているツバル。南太平洋に浮かぶこの島の首都フナフチ環礁を、飛行機から望む冒頭シーンの美しさに息をのむ。'アドリア海の宝石'と称され島全体が世界遺産に指定されているベネチ…
続きを読む