アーカイブ: 連載

ニュース

新しいものではなく、 深みあるつながりを求める IT宣教の潮流・考察⑨

Photo by Bruno Reyna   前回(9月11日号)はテクノロジーはそれ自体が真理の現れとなっていることを確認した。ジョン・ダイアー氏(ダラス神学校学部長兼教授)の講演録の続き…
続きを読む
ニュース

D6ファミリーカンファレンス⑥ 「宣教的家庭を建てるには」 愛、魅力、受肉、養育 神の特徴で家庭を築く

アジア福音同盟女性委員会・子ども委員会主催による「D6ファミリーカンファレンス」が6月9日から開催され、基調講演とともに多くのセッション、ワークショップ(WS)が行われた。その内容を連載で紹介する。第…
続きを読む
ニュース

【連載】教会実務を考える⑦「教会の規則」と「法人の規則」

河野 優 石神井福音教会協力教師、前日本同盟基督教団法人事務主事 宗教法人を設立するためには、宗教法人法の規定に沿って「規則(法人規則)」を作成し、「所轄庁の認証」(「認可」ではない)を受け、法務局で…
続きを読む
ニュース

【連載】世の目人の目聖書の目ー世相を読む⑦ 「ありえない」は起こりうる

「ありえない」は起こりうる 碓井 真史 新潟青陵大学大学院教授/心理学者 「ありえない」。そう思うようなことが、それでも起きてしまうことがある。たとえば、保育園の送迎バスに子どもが取り残され、亡くなっ…
続きを読む
ニュース

【連載】共感共苦(コンパッション)―福祉の視点から④ キリスト教と自殺ー「救いはない」か

木原 活信 同志社大学社会学部教授 キリスト教を求道しておられたある方から次のような鋭い質問があった。「キリスト教では自殺は罪なのでしょうか? 自殺した者には残念ながら救いはないと教会で牧師に言われて…
続きを読む
ニュース

【連載】教会実務を考える⑥ 宗教法人について考える

河野 優(石神井福音教会協力教師、前日本同盟基督教団法人事務主事) ある求道者が未信者の両親に受洗の報告をした。両親は心配して教会の所在する役所に問い合わせたところ、役所の担当者から「その教会は宗教法…
続きを読む
ニュース

【連載】世の目人の目聖書の目ー世相を読む⑤ 誠実さと心の隙間を狙うカルト

碓井 真史 新潟青陵大学大学院教授/心理学者 世界平和統一家庭連合(旧・統一協会)の問題が、これまでになく大きく注目されている。昼のワイドショーから夜のニュースまで。スポーツ新聞から三大紙まで。連日の…
続きを読む
ニュース

【連載】D6④分かち合い、神に聞き揺るがない弟子を生む

家族の健康回復と弟子訓練 アジア福音同盟女性委員会・子ども委員会主催による「D6ファミリーカンファレンス」が6月に開催されれた。連載第4回は信仰継承の援助を数十年にわたり実践してきたキャサリーン・トロ…
続きを読む
ニュース

【連載】教会実務を考える③ 教会実務における基準

河野 優 石神井福音教会協力教師、前日本同盟基督教団法人事務主事  教会実務の現場において「そのようなやり方では世間に通用しない」「社会に対する証しにならない」などといった声を聞くことがある。教会の実…
続きを読む
ニュース

【連載】共感共苦(コンパッション)―福祉の視点から③ コイノニアー苦しみすら共有する

木原 活信 同志社大学社会学部教授 キリスト教会では、おなじみの「交わり」という用語について改めて議論の余地はないが、案外そこにある根本精神を忘れがちである。この言葉は、ギリシャ語のコイノニアであるが…
続きを読む