アーカイブ: 連載

フォトニュース

7月12日号掲載紙面:「聖書信仰」に礎を置く 創立70周年記念特集 いのちのことば社物語 第3回

「聖書信仰」に礎を置く 創立70周年記念特集 いのちのことば社物語 第3回 2020年07月12日号 03面 写真=「聖書信仰運動」は当初から戦前の教会のあり方への悔い改めに立ち、国のあり方を注視して…
続きを読む
フォトニュース

6月21日号紙面:【連載】真理と和解もたらす「技」 公共、芸術を考える 「不自由」とコモンズ(共有地[知])への応答⑨終

真理と和解もたらす「技」 公共、芸術を考える 「不自由」とコモンズ(共有地[知])への応答⑨終 2020年06月21日号 03面  本連載では芸術と社会、公共性、仮想性などのテーマを見てきた。公共空間…
続きを読む
フォトニュース

6月14日号紙面:【連載】「社会」を超える「想像力」 公共、芸術を考える 「不自由」とコモンズ(共有地[知])への応答⑧

2020年06月14日号 07面 写真①  米国黒人暴行死事件(1面参照)でも発言が注目されたコーネル・ウェスト氏は「民主主義を支持する運動が弱体化すれば−そして、市民や労働者がもっと弱くなれば−人種…
続きを読む
フォトニュース

6月7日号紙面:「行動」と独自の課題設定 公共、芸術を考える 「不自由」とコモンズ(共有地[知])への応答⑦

「行動」と独自の課題設定 公共、芸術を考える 「不自由」とコモンズ(共有地[知])への応答⑦ 2020年06月07日号 07面  哲学者の小川仁志氏は、公共性の議論を3段階に整理。それは①手続き・議論…
続きを読む
フォトニュース

6月7日号紙面:【連載】教文館 大人の世界が子に反映する 「本屋」の存在意義⑧

大人の世界が子に反映する 「本屋」の存在意義⑧ 2020年06月07日号 07面 ナルニア国  本連載第3回までに紹介した、「ヘイト本」についての連続セミナーの主催をしたのは「教文館子どもの本のみせ …
続きを読む
神学・牧会

5月31日号紙面:【連載】「本屋」は人を自由にする 「本屋」の存在意義⑦

07面 【書店】本を販売する小売店 【本屋】本を売る人たち  セレクト書店、独立書店が盛んな韓国、台湾だが、日本の本屋へのまなざしは熱い。石橋毅史さんの『「本屋」は死なない』(新潮社、2011)、下北…
続きを読む
ニュース

5月31日号紙面:【連載】「敵対」超えて「創発」へ 公共、芸術を考える 「不自由」とコモンズ(共有地[知])への応答⑥

 「公共」について、本連載にかかわる部分を、哲学、政治学、神学の観点で、いくつかの書籍から整理してみよう。  公共性とその課題についての全体像は齋藤純一著『公共性』(岩波書店、2000)が参考になる。…
続きを読む
フォトニュース

5月24日号紙面:【連載】「テクノロジーとナショナリズムは結びつきやすい」「仮想」が消す他者・身体 公共、芸術を考える 「不自由」とコモンズ(共有地[知])への応答⑤

「仮想」が消す他者・身体 公共、芸術を考える 「不自由」とコモンズ(共有地[知])への応答⑤ 2020年05月24日号 03面  シアターコモンズ'20では「仮想性」もテーマの一つ。あいちトリエンナー…
続きを読む
フォトニュース

5月24日号紙面:【連載】東アジアで広がる文化空間 「本屋」の存在意義⑥

東アジアで広がる文化空間 「本屋」の存在意義⑥ 2020年05月24日号 03面 【書店】本を販売する小売店 【本屋】本を売る人たち 写真=突破書廊。香港で  街で黒いマスクをしている若者を見かけると…
続きを読む