アーカイブ: 連載

9月27日号紙面:【連載】「持続可能な開発目標」 と福音 環境と教会を考える⑩ 寄稿・住田裕

「持続可能な開発目標」 と福音 環境と教会を考える⑩ 寄稿・住田裕 2020年09月27日号 04面 聖書と祈りを土台に、環境問題への警鐘を鳴らす全世界規模のキャンペーン「創造の季節」(Se ason…
続きを読む
フォトニュース

9月27日号紙面:【連載】対面での人間関係を大切に 本屋の存在意義20 ▽高知福音書房 ▽熊本ハレルヤ書店

対面での人間関係を大切に 本屋の存在意義20 ▽高知福音書房 ▽熊本ハレルヤ書店 2020年09月27日号 04面 高知駅から土讃線で西に2駅、高知城の北1キロ弱の場所に、高知福音書房がある。インマヌ…
続きを読む
ニュース

キャンプと創造⑥ 椿、火山、海の雄大な景色 大島・いずみのいえ

日常から離れ、神が創造された自然を近くに感じ、信仰を深め、様々な決心の場となってきたクリスチャン・キャンプ場。本来夏は青少年のキャンプが目白押しだったが、今年はコロナ禍で多くがキャンセルとなった。経営…
続きを読む

9月20日号紙面:【連載】食べること、飲むことの改革地球環境問題と人の生き方 環境と教会を考える⑨ 寄稿・住田裕

食べること、飲むことの改革地球環境問題と人の生き方 環境と教会を考える⑨ 寄稿・住田裕 2020年09月20日号 07面 聖書と祈りを土台に、環境問題への警鐘を鳴らす全世界規模のキャンペーン「創造の季…
続きを読む
神学・牧会

9月20日号紙面:【連載】“コロナ禍”以前の問題がある 本屋の存在意義19 ▽神戸キリスト教書店 ▽新生館

“コロナ禍”以前の問題がある 本屋の存在意義19 ▽神戸キリスト教書店 ▽新生館 2020年09月20日号 07面 神戸市中心部、三宮駅と元町駅の間、南京町と旧居留地が接するところに、神戸キリスト教書…
続きを読む

8月30日号紙面:【連載】ポストコロナにおける教会の 環境ビジョンのすすめ 環境と教会を考える⑥ 寄稿・石原謙治

ポストコロナにおける教会の 環境ビジョンのすすめ 環境と教会を考える⑥ 寄稿・石原謙治 2020年08月30日号 03面 聖書と祈りを土台に、環境問題への警鐘を鳴らす全世界規模のキャンペーン「創造の季…
続きを読む
神学・牧会

8月30日号紙面:【連載】若い人たちと連携していく 本屋の存在意義16 ▽大阪キリスト教書店▽広島聖文舎

若い人たちと連携していく 本屋の存在意義16 ▽大阪キリスト教書店▽広島聖文舎 2020年08月30日号 03面 大阪市のターミナル、梅田駅からすぐ。ファッションビルや飲食店を抜けるとキリスト教団体や…
続きを読む
神学・牧会

8月16日号紙面:【連載】本で霊性養い教会を元気に 本屋の存在意義15 ▽オアシス新宿西口店 ▽ゴスペルボックス

8月16日号紙面:【連載】本で霊性養い教会を元気に 本屋の存在意義15 ▽オアシス新宿西口店 ▽ゴスペルボックス 2020年08月16日号 07面 世界で最も利用者数が多い新宿駅。7月には新たな東西通…
続きを読む

8月16日号紙面:【連載】主を待ち、日々の破れ向き合う “創造の季節”を生活に 環境と教会を考える⑤

2020年08月16日号 07面 聖書と祈りを土台に、環境問題への警鐘を鳴らす全世界規模のキャンペーン「創造の季節」(Season of Creation、)が9月1日から10月4日まで実施される。環…
続きを読む
神学・牧会

8月9日号紙面:【連載】教会の成長を聞くとモチベーション 本屋の存在意義14 ▽ゴスペル・ライト・ストア

教会の成長を聞くとモチベーション 本屋の存在意義14 ▽ゴスペル・ライト・ストア 2020年08月09日号 07面 キリスト教書店の課題とは何か。その存在意義について連載で考えている。キリスト教書店は…
続きを読む