アーカイブ: ニュース - ページ 3

トピックス

こころがポッとなる、小さな魔法 キャンドル作家 丹裕子さん

 クリスマスには欠かせないキャンドルライト。真っ暗な暗がりに灯されたキャンドルの灯を見ていると、不思議と心が温かくなってくるるもの。暗がりを照らすキャンドルの灯は、まさに闇の世界に生まれた神の子イエス・キリストの誕生を連想させる。そんなキャンドルの魅力に魅せられたのが、東京・町田市在住の丹裕子さん(単立・町田キリスト教…
続きを読む
お知らせ

絵を描く喜び ネパールの子らに 「第11回ナウリコット村の子どもたちと絵を描く旅」参加者募集

2008年から10年間続いてきた、ネパール、ヒマラヤ山中の3つの小さな村の学校で子どもたちと絵の授業をし、歌や紙芝居を使って学習の交流をする「ナウリコット村の子どもたちと絵を描く旅」。来年も第11回目が2月22日から3月4日の日程で開催予定で、参加者を募っている。 プログラムは、刑務所で服役中の親の子ども(5〜16歳)…
続きを読む
ニュース

「備えられた結び目、地域、教会で広がり」石巻クリスチャンセンターが献堂

東日本大震災から6年8か月が経過した。地震と津波によって甚大な被害を受けた、石巻市ではキリスト教会、団体が幅広く支援を続けてきた。 今年、様々な教派、団体、地域との連絡に尽力した石巻クリスチャンセンター(ICC)の建物が完成した。元々の土地にあった基督兄弟団石巻キリスト教会の礼拝活動とともにICCの活動の場として、超教…
続きを読む
ニュース

11月19日号紙面:国際「正義・平和」アシュラム 榎本保郎牧師没後40周年記念 不安な時代こそ神のことばを

2017年11月19日号 08面 アメリカ人宣教師E・スタンレー・ジョーンズによって始められた、みことばへの徹底した聴従を実践する超教派のキリスト教運動「アシュラム」。日本では、日本クリスチャン・アシュラム連盟と故榎本保郎氏が立ち上げたアシュラムセンターを通して、各地に広まった。さらに、「多くの国々に散らばっているアシ…
続きを読む
ニュース

クリスチャン新聞電子版 最新号(11月19日号)を公開

  クリスチャン新聞電子版 最新号(11月19日号)を公開いたしました。 11月19日号の主な内容 ★KGK70周年記念大会--福音に生きる“礎”を継承 ★音楽で祝う宗教改革500年記念日-- ★ホーリネス100周年記念集会--「苦難の恵み」現在にも意義 クリスチャン新聞電子版(紙面ビュー) クリスチャン新聞…
続きを読む
トピックス

滋さん受洗の喜びに沸く 第19回横田早紀江さんを囲む拡大祈祷会

 「第19回横田早紀江さんを囲む拡大祈祷会」が11月9日、東京・千代田区のお茶の水クリスチャン・センターで開かれた。トランプ大統領との面会直後の祈祷会で注目が集まったが、むしろ、11月4日に早紀江さんの夫の滋さんが、國分広士牧師(JECA・中野島キリスト教会)から洗礼を受けた喜びに沸いた祈祷会となった。 早紀江さんは「…
続きを読む
お知らせ

【クリスマス号】歌手 ギタリスト アントニオ古賀 さん 「いなかったお父さんが見つかった」福音版12月号 

○ひとそのあしあと 歌手 ギタリスト アントニオ古賀 さん 「いなかったお父さんが見つかった」 「アントニオ、歌は声で歌うのではないんだよ。歌は心で歌うんだ」 ○"自分ファースト〟を越えて 新約聖書・ルカの福音書2章30、31節 ○「聖書を読もう」 連載 第 152回 晴考雨読 ~時代を透かしてみれば~ 永井信義 (宮…
続きを読む
ニュース

人口減、外国人増の中で教勢は 『クリスチャン情報ブック2018』(書籍版)刊行

全国のプロテスタント教会、キリスト教関連企業・団体などを収録し た年刊『クリスチャン情報ブック2018』が今年も書籍版で発行された。本体6,500円(税別)。 全国約8,000のプロテスタント教会、約4,000の団体の情報、5つの索引 を掲載する。 全国の教会アンケート調査を実施し教会教勢データをまとめた。本紙でも紹介…
続きを読む
お知らせ

宗教改革500周年記念の年に華人教会が日本人伝道 青山学院でピアノコンサート開催

宗教改革500年行事として、日本にある華人(台湾人、中国人などの中国系住民)教会の働きを応援し支える「世界華人福音連絡中心日本区委員会」は、日本人にも福音を伝えようと「心に広がるメロディーを サンドラ・シェン ピアノコンサート」を11月25日午後4時から、東京・渋谷区渋谷の青山学院大学青山キャンパスのガウチャー記念礼拝…
続きを読む
ニュース

「共通恩恵」「スピリチュアルケア」の視点で 「恵みのみ」から稲垣氏、河氏 日本福音主義神学会

日本福音主義神学会第15回全国研究会議2日目夕方は講演Ⅲ(恵み)について稲垣久和氏 (東京基督教大学教授)、 河正子氏(NPO法人緩和ケアサポートグループ)が講演した。 稲垣氏は哲学、科学、歴史と神学の観点に目を向けて、恩恵論の意義を語り、独特の宗教思想に囲まれた日本における可能性を述べた。 河氏はホスピス緩和ケア臨床…
続きを読む