作者アーカイブ: takahashi_ma - ページ 6

ニュース

10月30日号1面:「第37回関東聖化大会」でブラウン氏 イエスの招きに従う最高の人生

「第37回関東聖化大会」(関東聖化交友会主催)が10月18日、「美しく、きよい生活」をテーマに、東京・目黒区のインマヌエル中目黒キリスト教会とオンライン併用で開かれた。昨年、一昨年はコロナ禍でオンライ…
続きを読む
ニュース

【訃報】大木英夫氏逝去 「ニーバーの祈り」を翻訳

神学者で東京神学大学名誉教授、聖学院大学名誉理事長の大木英夫(おおき・ひでお)氏が、10月12日逝去した。93歳だった。葬儀は10月21日13時から、日本基督教団滝野川教会にて、同教会と学校法人聖学院…
続きを読む
ニュース

TWR「99%に福音を届ける番組を」10月から女性向け番組開始

「希望の女性たち」の収録風景   地域の牧師がパーソナリティーを務める「ゴスペルの力」の収録風景   ラジオの電波を通してイエス・キリストの福音を伝えるトランス・ワールド・ラジオ(…
続きを読む
ニュース

FEBC70周年 記念番組を放送 「ひとりと出会う」姿勢で

  10月からの新番組で出演する加藤常昭さん、雨宮慧さん   痛みの中で神を発見したい   今年で日本語放送開始70年となるキリスト教放送局FEBC(AMラジオ1566kHz、イン…
続きを読む
ニュース

「HOPEニコラエフでニコラエフ北部の村マリフカに来ています」ウクライナ船越宣教師報告 2022年10月15日

ウクライナの船越真人宣教師から現地の情報が10月16日に編集部あて寄せられた。一部編集して掲載する。 ◇ ◇ ◇ ◇ 今(15日)、HOPEニコラエフでニコラエフ北部の村マリフカに来ています。(オデッ…
続きを読む
ニュース

【関西だより】奈宣協で岸本大樹氏 コロナ禍における教会を語る

問われる信仰の主体性と一致 奈良県福音宣教協力会(奈宣協)主催の2022奈宣協講演会が9月18日に橿原市のキリスト兄弟団・大和教会で開かれた。講師はキリストの教会・旭基督教会牧師で大阪聖書学院学院長の…
続きを読む
ニュース

【連載】共感共苦(コンパッション)―福祉の視点から ⑤ 共感のない自助礼賛が人を追い込む

「われわれの知ったことか。自分で始末することだ」 木原 活信 同志社大学社会学部教授 前回は、教会内で取り上げること自体がタブー視されるキリスト教と自殺について取り上げてみたが、今回は日本の自殺問題の…
続きを読む
ニュース

10月23日号1面:伝団協「秋のフェスティバル」3年ぶり対面開催

大田裕作氏「パンを投げれば後の日に見出す」 故・小坂忠氏のステージ映像も 伝道団体連絡協議会(伝団協)主催による「秋のフェスティバル」が10月10日、東京・千代田区神田駿河台のお茶の水クリスチャン・セ…
続きを読む
ニュース

【連載】共感共苦(コンパッション)―福祉の視点から④ キリスト教と自殺ー「救いはない」か

木原 活信 同志社大学社会学部教授 キリスト教を求道しておられたある方から次のような鋭い質問があった。「キリスト教では自殺は罪なのでしょうか? 自殺した者には残念ながら救いはないと教会で牧師に言われて…
続きを読む
ニュース

【連載】教会実務を考える⑥ 宗教法人について考える

河野 優(石神井福音教会協力教師、前日本同盟基督教団法人事務主事) ある求道者が未信者の両親に受洗の報告をした。両親は心配して教会の所在する役所に問い合わせたところ、役所の担当者から「その教会は宗教法…
続きを読む