アーカイブ: 映画 - ページ 64

レビュー

Movie「学校をつくろう」――近代法治国家への黎明と気概描く青春群像

 専修大学を創設した相馬永胤(三浦貴大)、目賀田種太郎(橋本一郎)、田尻稲次郎(池上リョオマ)、駒井重格(柄本時生)ら4人が、その青春をかけた人生の使命と情熱を史実的に描いている。 明治維新への幕開け…
続きを読む
レビュー

Movie「ハーモニー 心をつなぐ歌」――ほんとうの心と出会える希望へのメロディ

(C)2010 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved 旧年の9月末にNHKで「町中みんなで合唱団!―イギリス 涙と笑いの猛特訓―』が放送された。ロンドン郊…
続きを読む
レビュー

Movie「ヤコブへの手紙」――心の重荷を赦し執り成し続ける神の愛

『ヤコブへの手紙』 2011年1月、銀座テアトルシネマほか全国順次公開 配給:アルシネテラン 人は、誰かと心を通させているから生きていく力が湧いてくる。そのことが、フィンランドの森から木霊してくるよう…
続きを読む
レビュー

Movie「酔いがさめたら、うちに帰ろう」――愛はなかなか断ち切れない

(c)2010シグロ/バップ/ビターズ・エンド お酒を飲んでの醜態や過ちは、大目に見てしまう日本の精神風土。だが、アルコール依存症患者に対する認識は、「だらしない」「意志が弱い」など個人の自覚や行動と…
続きを読む
レビュー

Movie「脇役物語」――それぞれに、与えられている生かされているシーン

万年脇役俳優のヒロシ(益岡 徹)と新進女優のアヤ(永作博美)のロマンスあり笑いありの人生讃歌 (c)2010 Dream On Productions 東京タワー、レインボーブリッジなどのランドマーク…
続きを読む
レビュー

Movie「黒く濁る村」――現代社会の善と悪の共存と対立描くミステリー

「現代社会での'善''悪'の共存と対立を描きたかった」 カン・ウソク監督に聞く 大鐘映画賞監督賞を受賞したカン・ウソク監督 韓国の人気コミック「苔(こけ)」を原作に映画化されたミステリー「黒く濁る村」…
続きを読む
レビュー

Movie「ヘヴンズ ストーリー」――不条理な事件のなかにも差し込む“生”への絆

若年性アルツハイマーで記憶が薄らいでいく恭子の故郷に連れてきたミツオ  (C) 2010ヘヴンズ プロジェクト 光市の母子殺害事件、秋葉原での無差別殺傷事件など身近に起こる痛ましい事件。瀬々敬久監督は…
続きを読む