アーカイブ: 神学・牧会 - ページ 50

【好評連載中】旧約知恵文学-神のかたちに生きる民[1]--神のかたちに造られた人の普段の生活 鎌野直人

人は神のかたちに創造され、神に似た者としてこの世界を治める使命と力が与えられている。そのような神のかたちとしての歩みを、普段の生活のレベルで考えているのが旧約聖書の知恵文学だと、鎌野直人氏(関西聖書神…
続きを読む
ニュース

子どもが来ない? CS教師セミナー、4/14の窓 「少ないからこそチャンス」

2015年04月26日号 1面 次世代の福音宣教を担うのは、子どもたちだ。子どもに福音を伝え、聖書を教えていくことは、次の世代の教会形成のための大きなステップとなる。だが、少子高齢化の波が押し寄せる中…
続きを読む

青森、岩手、宮城のクリスチャン県人会発足 被災地、過疎地、若者へ祈り

 郷土を愛し、交流、宣教のための祈りをする、クリスチャン都道府県人会(長谷川与志充代表、米内宏明顧問)は2012年に発足したら、今年、各県人会が発足する。「青森、岩手、宮城を愛する集会・青森、岩手、宮…
続きを読む
神学・牧会

神戸・日本伝道会議プレセミナー ユース、ミドル、シニアで

 2016年9月27日から30日まで、兵庫県神戸市中央区の神戸コンベンションセンターで開催される第6回日本伝道会議(JCE6)に向けての準備が加速している。 開催地委員会による、JCE6に向けた最初の…
続きを読む

賀川夫妻の思想と活動紹介 シンポ「震災後の日本における宗教的ミニストリーの理論と実践」

 緊急時における国家行政の機能不全と、地域や人との絆の重要性が改めて浮き彫りになった東日本大震災から4年――。中央政府による管理型社会の終焉を踏まえ、地域おこし、ボランティア、NPO活動等地方自治によ…
続きを読む

協働、協助で地域貢献 第4回東日本宣教ネットワーク

 被災地の岩手、宮城、福島、茨城で活動してきた牧師、宣教師、支援スタッフたちが支援活動と宣教について情報交換をし、どんな宣教課題があるかを探り、互いに祈り、協力し、励まし合うことを目的とした「東日本宣…
続きを読む

日本宣教の夜明け信じ祈る 断食祈祷聖会2015

 日本の教会の低迷、憲法を軽んじ戦争のできる国づくりを進める政治への不安、少子高齢化現象、世界で頻発するテロや戦争など社会情勢の不安、天災の急増など、私たちを取り巻く状況がますます混迷をきわめている。…
続きを読む