アーカイブ: レビュー - ページ 2

フォトニュース

5月3日号紙面:【憲法特集】戦中教会の尋問書、宗教統制を読み解く 国家の論理に回収される道筋 評・吉馴明子=恵泉女学園大学名誉教授

戦中教会の尋問書、宗教統制を読み解く 国家の論理に回収される道筋 評・吉馴明子=恵泉女学園大学名誉教授 2020年05月03日号 04面 『知られなかった信仰者たち 耶蘇基督之新約教会への弾圧と寺尾喜…
続きを読む
レビュー

映画「恐竜が教えてくれたこと」ーーリゾートで出会ったミステリアスな少女と7日間の人生探し

ちょっと年上のテス(右)と知り合い、彼女の秘密に振り回されていくサム (C)2019 BIND & Willink / Ostlicht Filmproduktion GmbH ちょっと小賢し…
続きを読む
ニュース

[レビュー4]『SMILEFULL DAYSⅢ今日を、せいいっぱい生きるための12の物語』『仕事と聖書: 元銀行マン牧師の社会に影響を与える1%のクリスチャンになる方法』

新学期、新社会人の季節だ。現役高校宗教主事による人気シリーズの3作目、『SMILEFULL DAYSⅢ今日を、せいいっぱい生きるための12の物語』(沖崎学、いのちのことば社、千430円税込、B6変)で…
続きを読む
ニュース

[レビュー2]虐待のメカニズムと解放のための方策 『「信仰」という名の虐待からの解放 霊的・精神的なパワーハラスメントにどう対応するか』

 本書の前身となる『「信仰」という名の虐待』(いのちのことば社、2002)の出版時、筆者や出版社の元には「『信仰』という名のもとに虐待を受けた人たち」から感謝の言葉が届いたそうだ。それは、本書が指摘す…
続きを読む
ニュース

[レビュー1]「国家」「公共」「グローバル」を超える 『政治神学の想像力 政治的実践としての典礼 のために』

 ウィリアム・キャヴィノー(デ・ポール大学教授、1962〜)は、ハワーワスの影響を受けたカトリックのキリスト教社会倫理学者である。  本書は3部から成っている。第1部は国家の神話を扱う。「想像の共同体…
続きを読む
レビュー

映画「プラド美術館 驚異のコレクション」ーースペイン王室の審美眼が世界の人々に遺した美の殿堂

ティントレットの「弟子たちの足を洗うキリスト」の前に立つ案内役のジェレミー・アイアンズ (C)2019 - 3D Produzioni and Nexo Digital - All rights re…
続きを読む
ニュース

[レビュー3]『新・誰がこの子を受けとめるのか 虐待された子らからのメッセージ』『「いのち」と「愛」に着目する子育て』

 『新・誰がこの子を受けとめるのか 虐待された子らからのメッセージ』(菅原哲男・奥寺美鈴共著、いのちのことば社、千650円税込、B6)  「職場で子どもは育たない」。家族の愛を体験できず、むしろ虐待な…
続きを読む
レビュー

映画「もみの家」--心の澱を解きほぐす、自然と人の輪が育むスローライフへのすすめ

両親の期待に応えられないことに悩む彩花を、泰利は「自分のなりたい自分になればいいよ」と声をかける (C)「もみの家」製作委員会 物語の舞台「もみの家」の設定は、富山県の片田舎に在る不登校児など心に不安…
続きを読む
レビュー

映画「ひとくず」ーー親から虐待受けて成長し奈落の底を見た人生から回生できるか

匡郎は、自分の生い立ちと重なる鞠を放っておけずに守ろうとする (C)上西雄大 親による児童虐待の死亡事件や裁判報道が後を絶たない。2017年度に全国の児童相談所が対応した児童虐待件数は13万3778件…
続きを読む
レビュー

映画「いつくしみふかき」--どこまでも自分勝手に見える生き方にも希望と信頼を希求する心がある

父・広志役の渡辺いっけい(右)と息子・進一役の遠山 雄 他人(ひと)を騙し、脅し、強盗することも躊躇しない、自分勝手な人間にどこまで寄り添い情愛を注ぐことができるのか。ある村にやってきた男に翻弄される…
続きを読む