アーカイブ: 映画 - ページ 3

トピックス

「原発問題に関心持って」 映画「国民の選択」3月公開 宮本監督 映画で危険性訴え

東日本大震災による福島第一原子力発電所事故から10年目を迎えるが、最近は原発事故についてメディアは沈黙、原発反対の声も聞かれなくなったように見える。一方、菅義偉首相は昨年10月、2050年までに温室効…
続きを読む
トピックス

映画「たゆたえども沈まず」ーー3・11から10年。生き続けるいのちの語り部たちの絆

陸前高田の高田松原には7万本の防風林が植えられていたが大津波の後に残ったのはたった1本だった。現在は保存加工処理されて、岩手住民の“たゆたえども沈まず”の気概を象徴するメモリアルとして同じ場所に立ち続…
続きを読む
レビュー

映画「Eggs 選ばれたい私たち」--エッグドナーに登録する女性の微妙な心情と本音に迫る

子どもを産めるのに、産まない。その選択肢を生きることは間違いなのか。悩みながらもエッグドナーに登録した純子。 (C)「Eggs 選ばれたい私たち」製作委員会 フライヤーに書かれているキャッチコピー“産…
続きを読む
レビュー

映画「ソング・トゥ・ソング」--成功と誘惑の都市に蠢く男女の心象を音楽と詩的映像美で表現

成功を夢見てオースティンで出会ったフェイとBV (C) 2017 Buckeye Pictures, LLC サウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)ロックフェスなど音楽の都市としても知られるテキサス…
続きを読む
レビュー

映画「声優夫婦の甘くない生活」--映画愛にこだわる夫と移住して妻が気付いた夫婦の落とし物

ソ連では外国映画のスター声優だったヴィクトルとラヤ夫妻だが、イスラエルに移住したものの… 長年連れ添った妻は、人生の価値観を理解し共有していると信じる夫。だが妻は、生活環境の変化から自分たち夫婦間の落…
続きを読む
インタビュー

セウォル号事故遺族らに寄り添う映画「君の誕生日」ーーイ・ジョンオン監督に聞く

[イ・ジョンオン監督]「シークレット・サンシャイン」(2007年)、「ポエトリー アグネスの詩」(2010年)などイ・チャンドン監督の演出部で経験を積み、短編映画「春」ではハンブルグ国際短編映画祭に正…
続きを読む