アーカイブ: 特集/ひと 証し - ページ 2

ニュース

キリスト者の社会的使命と責任 〜小さないのちを守る会の働きを通して〜 賛同するNPO法人みぎわ

 奈良市の日本バプテスト連盟・奈良キリスト教会(松原宏樹牧師)は、第2種社会福祉事業 特定非営利活動法人(NPO法人)みぎわを併設して、現在「命をつなぐ働き(特別養子縁組)」、ホームホスピスみぎわ、み…
続きを読む
トピックス

ラグビーワールドカップを宣教の機会に 教会が地域に出て一緒にお祝いを

 2019年は、ラグビー・ワールドカップが9月20日から11月2日まで、日本の12都市で開催される。翌2020年には東京オリンピック・パラリンピックも控えている。2年続けてスポーツイベントが日本で行わ…
続きを読む
トピックス

いろんなことが起きるけれど… 神様の下でみんな一緒に グレイスハウス

 最近、シェアハウスが日本で注目を集め、キリスト教会にも広がり始めている。2011年に始まったグレイスハウスは、まさに聖書を土台としたミッション・シェアハウスの先駆けと言える。石原和恵さん(前代表)の…
続きを読む
インタビュー

クリスマス特別号紙面:誰のいのちも諦めない 南紀白浜・三段壁 「いのちの電話」引き継ぎ20年 自殺と紙一重の日本で

2018年12月23・30日号 24面 「誰も必要としてくれない」「生きていてもしょうがない」「助けてください……」─電話の向こうから悲痛な叫びが聞こえる。風光明媚(めいび)な観光名所、南紀白浜の三段…
続きを読む
フォトニュース

クリスマス特別号紙面:明治150年 教会、ミッションスクール、病院 続々誕生 〝築地〟で宣教の花開く

2018年12月23・30日号 13面 1869(明治元)年、明治新政府の手によって開市された築地居留地。イギリス、オランダ、アメリカ、スイスなど計9か国の公使・領事館が設置され、キリスト教の宣教師も…
続きを読む
ニュース

9月30日号紙面:困難の地に励まし届けたい 元阪神のマートン選手 台風被災教会訪問

2018年09月30日号 06面 2010年から5年間阪神タイガースで活躍した米・クリスチャン選手のマット・マートンさんが、8月と9月の台風20号、21号で被害を受けた兵庫県西宮市のアッセンブリー・西…
続きを読む
ニュース

9月16日号紙面:壁を ぶっ壊せ! ロックン牧師が出版記念集会 アポなし上京の元高校生が証し

2018年09月16日号 02面  8月25日、日本福音ルーテル東京教会で、同教会の関野和寛牧師が書いた『すべての壁をぶっ壊せ!』(日本基督教団出版局)の出版記念イベントが開かれた。この本は同出版局の…
続きを読む
フォトニュース

泉堅氏追悼紙面再掲:シリーズ/対談 バブルで受けた神の取扱い--泉 堅(万座温泉・日進館 代表取締役)vs.中野雄一郎(伝道者)

万座温泉日進舘会長で、シンガーとしても活躍した泉堅(いずみ・けん、本名・黒岩堅一=くろいわ・けんいち)氏が、7月12日旅行先のホテルで急性心不全のため逝去した。氏の働きを覚え、本紙2017年7月21日…
続きを読む
ビジネス・生活

7月8日号紙面:“キリスト教土台の客観的治療を” 日本におけるスピリチュアル・ケアの課題 『天国で神様に会う前に済ませておくとよい8つのこと』著者田頭氏に聞く

2018年07月08日号 08面  体力や記憶力が衰え、今まで出来たことが出来なくなっていく。老後は人生の「下り坂」なのだろうか。今年『天国で神様に会う前に済ませておくとよい8つのこと』(東邦出版)を…
続きを読む

7月8日号紙面:寄稿 新しい東アジアの状況展開とキリスト教 朝鮮半島の南北首脳会談、米朝首脳会談を考える 徐正敏(明治学院大学教授、同キリスト教研究所所長)

南北の和解・平和に適応できるか 南北対立が脅かした地域平和  朝鮮半島は、1945年に日本の植民地から独立した直後、分断され、そのまま70年以上が経過した。この間、50年には朝鮮戦争が勃発し、この戦争…
続きを読む