アーカイブ: ビジネス・生活 - ページ 2

ニュース

インターネット展開をめぐり ハーベスト・タイム・ミニストリーズ

ハーベスト・タイム・ミニストリーズ(以下ハーベスト)は、テレビ番組放送から、集会やインターネット・コンテンツ配信へと移行して約10年となる。代表の中川健一さんは、「テレビ番組では届かなかった人々に届いている」と手応えを感じている・・・ インターネット展開を始めた経緯、直面した課題と対策を含めて紹介します。 4月23日号…
続きを読む
ニュース

現代の「信仰告白」考えるー「建前では仕様がない」というスピリット キリスト教放送局FEBC

キリスト教放送局FEBC(毎日午後9時半〜10時45分、AM1566 kHz)は、カトリックからプロテスタントまで幅広い人々が出演。独自の番組作りをしている。  統括ディレクター補佐の長倉崇宣さんは、戦後70年の番組作りや、近年の世界や日本の社会の動向を通して、「政治や社会の問題に、イデオロギーではなくキリスト者として…
続きを読む
ニュース

届く放送、 届くメッセージ 放送伝道特集

 通信、媒体技術の発達により、ラジオ、映像もインターネットを通して受け取る時代になってきた。戦後来様々な形態で広がってきた放送ミニストリーは、この時代にどのような課題に取り組んでいるか。届ける方法、形態のみならず、その内容の重要性も含めて考えていく。 4月23日号で掲載します。 【掲載予定】 ○キリスト教放送局FEBC…
続きを読む
ニュース

イースター特別号紙面:腎臓移植のドナーになったAさんにインタビュー “いのち”を救う神に支えられ

現在日本における慢性腎不全の患者数は約30万人。 大半が人工透析を行う一方、もう一つの治療法として腎移植がある。年間1600件ほど行われており、その多くが「生体腎移植」と呼ばれる、健康な人の2つある腎臓の1つを摘出して行う移植手術だ。この数字を多いと見るか、少ないと見るかはなんとも言えないが、現代の医療としては決して珍…
続きを読む
ニュース

受肉のチャレンジを受けるとは 良き訪れをたずさえて〜地域の福祉を担う

NPO法人としてケア事業所の顔を持つR教会。そして人々の心に宿る神の火花を点火するV牧師。その点火は、まず共に働くスタッフから始まる。 高齢者・障がい者の全事業、パートの登録ヘルパー含め総勢50人のスタッフの中で、クリスチャンスタッフは4分の1弱ほどであるが、若者から遠ざけられがちな福祉・介護の現場で生き生きと働く若者…
続きを読む
ニュース

「帰還困難区域」からカナダまで 連載 アートが描く「現実」②

2013年11月、フクシマ・アートプロジェクトに参加した9人のアーティストたちは、放射線防護服に身を固め「帰還困難区域」へと入った・・・ 14年3月にいわき市で、展示「だからこの時代に生まれた〜フクシマを描く」(「声なき者の友」の輪〔FVI〕主催、日本ローザンヌ委員会、バイブル&アート後援)が開催された・・・ 展示は海…
続きを読む
ニュース

国内外200点以上 銀座教文館でイースターフェア開催中 21日まで

イエス・キリストの復活を祝うイースターは今年は4月16日。東京・中央区銀座の教文館の4階キリスト教グッズ売り場・ギャラリー「エインカレム」では、国内外200点以上の関連商品を集めた、イースターフェアを4月21日まで開催している。 近年イースターへの関心が高まり顧客のニーズも変化しているという。 4月16日号イースター特…
続きを読む
ニュース

どちらがアウトサイダーか 第22回「人間に宿る火花に点火する教会」(上) 良き訪れをたずさえて〜地域の福祉を担う

人間が「我と汝」という人格的な関係を忘れ、「我とそれ」という病に冒されていると指摘したユダヤ人哲学者のマルチン・ブーバーの思想は、21世紀を生きる私たちにも宗教の枠を超えて迫ってくる・・・ 4月9日号で掲載。 井上貴詞=東京基督教大学国際キリスト教福祉学科キリスト教福祉学専攻准教授 ◎「教会と福祉」に関わるみなさまのお…
続きを読む
ニュース

4月9日号紙面:”「ことば」への不信”超えて 【新連載】アートが描く「現実」① 展示「七つの詩〜あれから6年 僕らがみているフクシマ〜」から

筆を取れ、目をあげよう、踏みだそう。その心が感じたものを描きだせ。それこそこの時代に生まれた自分にしか描けない未来への1枚なのだから。 「ことば」への不信。 東京電力福島第一原発事故を経て、「原発神話」が崩れた。さらに事故後に相次いだ情報隠蔽・操作に人々の失望と不安は増大した。 「もはや誰の言葉を信じたら良いのかわから…
続きを読む
ニュース

4月9日号紙面:映像制作から参加型で イースター・キャンペーン 第2回48時間フィルムスクール

・・・あるチームは、心の病をテーマに、電車への投身自殺と救出という物語を考えた。別のチームも、疲れた社会に注目したが、「だからこそ、なごむ、笑えるものしたい」と提案。時刻は午前0時にさしかかっていた・・・ 48時間で一通りの映像制作を体験・実践する48時間フィルムスクール(7media主催)の第2回が2月に開かれた。経…
続きを読む