アーカイブ: 特集/ひと 証し - ページ 2

トピックス

座談会:放蕩息子の弟と兄の和解 共に福音に生きる 日光オリーブの里で4月に宣教大会

 伝道集会等で話されるルカの福音書15章の放蕩息子の例え話。しかし、神様の恵みは放蕩した弟だけでなく、弟の帰還を喜べない兄にも注がれていた。上野の森キリスト教会(重田稔仁主任牧師)は、4月28、29日、『「放蕩」する神』(ティモシー・ケラー著、廣橋麻子訳、いのちのことば社)の内容をヒントに栃木県日光市の日光オリーブの里…
続きを読む
ニュース

1月22日号紙面:キリシタン弾圧下の踏み絵見つかる 堺市チャペル・こひつじ「信仰の証し活用して」

 大阪府堺市のチャペル・こひつじ(鷹取裕成牧師)に、京都の骨董品収集家(故人)の元にあった踏み絵が譲られた=写真上=。同教会の信徒、上田悟さんが形見分けでもらったもので、上田さんは「貴重なキリスト教遺産なので主のために用いてほしい」と、教会に献げた。 1月22日号1面
続きを読む
ニュース

苦しみは苦しみで終わらなかった 森祐理さん 福音歌手デビュー25周年

 「『私たちの兄弟たち、さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい』(ヤコブ1・2)。この御言葉は、本当に真実です…」。森祐理さんはしみじみとそう語る。2017年が福音歌手デビュー25周年だ。その歩みは、阪神淡路大震災で亡くなった弟の渉さんの死、声が出なくなる試練、森さんをずっと支え続けてきた最愛の…
続きを読む
ビジネス・生活

11月27日号紙面:負債額10億円 いったん命捨てた 株式会社山田硝子店相談役 山田 晶一さん

2016年11月27日号 6面   死の淵からの再起 大阪市天王寺区にそびえる日本一の高層ビル「あべのハルカス」。この内装ガラス工事を請け負ったのは、大阪市平野区の株式会社山田硝子店だ。従業員約100人、年商約30億円。日本の中小零細企業の70%が赤字に苦しむ中で、50年間黒字経営を続けている会社だ。税務署から過去7回…
続きを読む
トピックス

「幸せなら手をたたこう」歌詞は詩篇47篇1節 作詞者の木村利人氏 誕生秘話語る

 歌手の坂本九さん(故人)が歌った歌「幸せなら手をたたこう」。1964年開催の東京オリンピックを契機に世界に広がっていったこの歌の作詞者は、木村利人さん(82)=早稲田大学名誉教授、日基教団・霊南坂教会員=だ。学生時代、木村さんは、日本のYMCAを代表してフィリピン農村でのワークキャンプに参加。フィリピンは太平洋戦争の…
続きを読む
トピックス

11月13日号紙面:「ララ」70周年 終戦後、アメリカから7年間届いた救援物資 背後に教会の「愛の奉仕」

2016年11月13日号 8面   太平洋戦争で日本が敗戦した直後、 かつての敵国アメリカから日本に贈られた救援物資。1946年から終了時の1952年までに贈られた救援物資総量は1万6千700余トン(当時の日本円で400億円程度)にも上る。そのララ救援活動に最終的に参加した団体は計13団体で、主要参加団体は米国キリスト…
続きを読む
ニュース

10月23日号紙面:日本CGNTV開局10周年企画 メディア宣教関係者一堂に会し語り合う 特別番組「メディア宣教」座談会

これまで様々なキリスト教番組を制作し、衛星放送などを通して放送してきた日本CGNTV(キム・チャンホ局長)は今秋、開局10周年を迎える。この節目の年にラジオ、テレビ、新聞など様々な媒体を通してメディア宣教を行ってきたキリスト教諸団体の代表を招いての開局10周年特別番組「メディア宣教」座談会が制作、放映された。出演者は一…
続きを読む
ニュース

10月2日号紙面:「神により光を放つ者でありたい」 ゴスペルシンガー齋藤直江さん

2016年10月02日号 8面   今年8月、セカンドアルバムCD「RADIANT」(全12曲、全曲オリジナル)をリリースした、ゴスペルシンガーの齋藤直江さん。「RADIANT」とは「光を放つ」「輝く」という意味がある。「自分自身は光を放つ者ではないけれど、神によって光を放つ者でありたい」という思いが込められたタイトル…
続きを読む
ニュース

「神により光を放つ者でありたい」 セカンドアルバムCD「RADIANT」リリース ゴスペルシンガー齋藤直江さん

 今年8月、セカンドアルバムCD「RADIANT」(全12曲、全曲オリジナル)をリリースした、ゴスペルシンガーの齋藤直江さん。「RADIANT」とは「光を放つ」「輝く」という意味がある。「自分自身は光を放つ者ではないけれど、神によって光を放つ者でありたい」という思いが込められたタイトルだと言う。ラニー・ラッカー氏率いる…
続きを読む
ニュース

三浦綾子読書会 日本各地で牧師会開催 牧師向けテーマで作品から学ぶ

 三浦綾子作品を通して学びと交流を深める活動を展開している三浦綾子読書会(森下辰衛代表)は、2012年から牧師会を開き、同会顧問の長谷川与志充氏を講師に、三浦綾子作品の中から牧師向けのトピックを取り上げて学んでいる。   ◇  ◆  ◇  牧師会が始まったきっかけと、各地に広がっていった経緯について、長谷川氏はこう語る…
続きを読む