アーカイブ: 特集/ひと 証し - ページ 2

ニュース

アーティスト特集 閉ざされた道 開いてくれた神様 シンガーソングライター YURIEさん

 2016年、アルファトラックスからデビューしたシンガーソングライターのYURIEさん。小さい頃から歌手になるのが夢で、中学生の頃からボーカルやダンス、日本舞踊などのレッスンを受け、将来は芸能界入りを目指していた。だが、その夢は閉ざされ、一度は歌手の道を諦めることに。しかし、クリスチャンになり、すべてを神様にささげた時…
続きを読む
ニュース

イースター特別号紙面:腎臓移植のドナーになったAさんにインタビュー “いのち”を救う神に支えられ

現在日本における慢性腎不全の患者数は約30万人。 大半が人工透析を行う一方、もう一つの治療法として腎移植がある。年間1600件ほど行われており、その多くが「生体腎移植」と呼ばれる、健康な人の2つある腎臓の1つを摘出して行う移植手術だ。この数字を多いと見るか、少ないと見るかはなんとも言えないが、現代の医療としては決して珍…
続きを読む
ニュース

宿泊特集 「教会のあるホテルなら安心」 ホテル・ザ・ルーテル

 大阪のオフィス街として賑わう谷町界隈に立つビジネスホテル「ホテル・ザ・ルーテル」。1階は日本福音ルーテル大阪教会(大柴譲治牧師)だ。ホテル・ザ・ルーテルは大阪教会竣工と共に2001年12月10日にオープン。今年で16年目になる。日本福音ルーテル教会の収益事業の一環として始められた。ただ、教会運営とホテル運営は別で、ホ…
続きを読む
ニュース

宿泊特集 若者が集まれる場所に 須賀川シオンの丘

 東日本大震災以降、福島県須賀川市にある須賀川シオンの丘に、「行ってきた」「そこから各被災地の支援活動に出かけた」という人は多い。震災後、支援拠点になった場所でもあり、ここでミーティンやコンサート、キャンプも行われてきた。この場所はもともと、独立伝道者の安藤喜市(故人)の住家で、教会、神学校があった場所だ。福島の牧師ら…
続きを読む
ニュース

3月5日号紙面:プロ野球選手から介護の世界へ 東京基督教大学神学部国際キリスト教福祉学科教授 中澤秀一さん

東京基督教大学(TCU)神学部国際キリスト教福祉学科で教える介護福祉士・社会福祉士・介護支援専門員の中澤秀一さんは、元東京読売巨人軍の選手だ。だが1度も1軍には上がれず、3年で自由契約に。挫折を経験したが、寝たきりの高齢者を訪問し、入浴介助をしたことをきっかけに介護福祉士の道に進むことになった。「介護の仕事は、プロ野球…
続きを読む
ニュース

3月5日号紙面:誠実なリーダーシップで信頼築く 日本キャンパス・クルセード・フォー・クライスト代表 江渕篤史さん

1月に日本キャンパス・クルセード・フォー・クライスト(CCC)の新代表に就任した江渕篤史さん。CCCと言えば、小冊子「4つの法則」を使った個人伝道で知られるが、「プロセスが大事。日本の場合は、特に信頼関係。相手の話をどう聞くか。言葉だけでなく、行いと態度でどう証しするか。相手の心が開かれなくては、福音も心に届きません」…
続きを読む
トピックス

座談会:放蕩息子の弟と兄の和解 共に福音に生きる 日光オリーブの里で4月に宣教大会

 伝道集会等で話されるルカの福音書15章の放蕩息子の例え話。しかし、神様の恵みは放蕩した弟だけでなく、弟の帰還を喜べない兄にも注がれていた。上野の森キリスト教会(重田稔仁主任牧師)は、4月28、29日、『「放蕩」する神』(ティモシー・ケラー著、廣橋麻子訳、いのちのことば社)の内容をヒントに栃木県日光市の日光オリーブの里…
続きを読む
ニュース

1月22日号紙面:キリシタン弾圧下の踏み絵見つかる 堺市チャペル・こひつじ「信仰の証し活用して」

 大阪府堺市のチャペル・こひつじ(鷹取裕成牧師)に、京都の骨董品収集家(故人)の元にあった踏み絵が譲られた=写真上=。同教会の信徒、上田悟さんが形見分けでもらったもので、上田さんは「貴重なキリスト教遺産なので主のために用いてほしい」と、教会に献げた。 1月22日号1面
続きを読む
ニュース

苦しみは苦しみで終わらなかった 森祐理さん 福音歌手デビュー25周年

 「『私たちの兄弟たち、さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい』(ヤコブ1・2)。この御言葉は、本当に真実です…」。森祐理さんはしみじみとそう語る。2017年が福音歌手デビュー25周年だ。その歩みは、阪神淡路大震災で亡くなった弟の渉さんの死、声が出なくなる試練、森さんをずっと支え続けてきた最愛の…
続きを読む
ビジネス・生活

11月27日号紙面:負債額10億円 いったん命捨てた 株式会社山田硝子店相談役 山田 晶一さん

2016年11月27日号 6面   死の淵からの再起 大阪市天王寺区にそびえる日本一の高層ビル「あべのハルカス」。この内装ガラス工事を請け負ったのは、大阪市平野区の株式会社山田硝子店だ。従業員約100人、年商約30億円。日本の中小零細企業の70%が赤字に苦しむ中で、50年間黒字経営を続けている会社だ。税務署から過去7回…
続きを読む