アーカイブ: 特集/ひと 証し - ページ 3

トピックス

1月7・14日号紙面:勝間としを紙上絵画展 「猫のつぶやき」

2018年01月07・14日号 13面 2010年に脳梗塞で倒れ、利き手である左手が使えなくなったイラストレーター、漫画家で、本紙連載漫画「ルッちゃん」の執筆者でもある勝間としをさん。だがその試練を乗り越え、絵筆をマウスに代え、右手で創作活動を再開。知り合いの依頼で猫の絵とつぶやき(言葉)を描き始め、フェイスブックにア…
続きを読む
ニュース

小坂忠さん 大病越え「クリスマス・イン・ピース」

ガンの手術などで8月から2か月余り入院していたミュージシャンで牧師の小坂忠さんが、牧会するフォースクエア・秋津福音教会の地元、埼玉県所沢市の所沢ミューズで毎年12月に開いている「クリスマス・イン・ピース・コンサート」が、今年も12月22日にあり、元気な歌声を聴かせた。 小坂さんは、今年7月末に九州の教会で腹痛に見舞われ…
続きを読む
フォトニュース

12月24・31日号紙面:映画「沈黙」の舞台を訪ねて キリシタン迫害、原爆投下の地長崎でクリスマス思う 「パライソでお会いしましょう」

2017年12月24・31日号 13面 映画「沈黙─サイレンス─」DVD発売記念ツアー「映画『沈黙』の舞台を訪ねて〜沈黙の地で神の前に静まる心の旅」(企画/いのちのことば社、旅行実施/ISAトラベル)が9月27日から30日まで実施された。(レポート・礒川道夫=いのちのことば社ライフ・クリエイション) 遠藤周作原作、マー…
続きを読む
フォトニュース

12月24・31日号紙面:特集・平和と核廃絶

2017年12月24・31日号 16面  今年、核兵器禁止条約が採択され、国際NGO、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)がノーベル平和賞を受賞するなど、核廃絶に向けた世界的な取り組みが進展し注目された。戦後、被爆の証言や非核平和の取り組みに、キリスト者も関わってきた。被爆経験者や平和問題に取り組むキリスト者に聞き、…
続きを読む
トピックス

健康ウォーキング指導士が正しい歩き方指南 姿勢の良い正しい歩き方で若々しく 富所 正史さん

 福音宣教にお励みの牧師先生のお働きの上に、2018年も主の豊かな祝福がありますようお祈り申し上げます。さて、牧師は人を相手にした働き、やりがいと喜びがある反面、精神的ストレスも多い仕事です。礼拝説教も毎週めぐってきます。徹夜をしても、体調が優れなくても、最善の準備をして、壇上に上がる必要があります。大変な働きだと思い…
続きを読む
トピックス

特集/子どもと向き合う 食事と遊びで子どもたちの居場所に 埼玉県川口市 ビジョンチャーチこども食堂

 埼玉県川口市朝日にあるビジョンチャーチ(李恵真宣教師)では、毎月第2、4木曜日の月2回、午後5時からこども食堂(エブリンかわぐち主催)を同所で行っている。   ◇  ◆  ◇  2017年11月に記者が訪問。同教会の女性たちが食事の準備をする中、始まる午後5時近くになると小学生の子どもたちや母親たち十数人が次々にやっ…
続きを読む
トピックス

特集/子どもと向き合う 誰もがありのままでいられる場所 東京YMCA オープンスペースliby

 都内に、主に10〜20代の不登校の子ども、若者たちが、〝ありのまま〟で過ごせる居場所がある。公益財団法人東京YMCAがプロデュースするオープンスペース「liby(リビー)」だ。東京YMCA高等学院学院長、東京YMCA liby主任主事の井口真さんらに話を聞いた。   ◇  ◆  ◇  libyとは、「Let it b…
続きを読む
トピックス

特集/子どもと向き合う 次世代の信仰継承に一役 中高生の勉強と交流の場「水曜学校」 MB・堺中央キリスト教会

 日本メノナイトブレザレン教団(MB)・堺中央キリスト教会(杉貴生牧師)で、毎週水曜日の夜に中高生が集まって勉強や交流をする、中高生のための「水曜学校」が開かれている。  集合は午後7時半。40分から8時20分まで勉強タイム。基本的に自習で、質問や手助けが必要な時は、担当の杉牧師とスタッフの石井智子さんが交替で手伝う。…
続きを読む
トピックス

特集/子どもと向き合う 結婚するまで純潔 礼拝で誓い ICF教会 ピュリティ・リング・セレモニー

 2017年11月26日、北海道札幌市西区にあるICF教会(インターナショナル・クリスチャン・フェローシップ)の礼拝の中で、ピュリティ・リング・セレモニーが行われた。結婚するまで純潔を誓うしるしとしての「ピュリティ・リング」を、親や信仰の先輩などから贈呈してもらい、守りと祝福を祈ってもらうというものだ。ICF教会では0…
続きを読む
フォトニュース

12月10日号:福伝創設者M・A・バーネット来日100年 福音を次世代にゆだねた生涯

2017年12月10日号 08面 M・A・バーネットは1878年に英国国教会牧師の子として生まれ、26歳の時に海外伝道の幻を見、1917年12月6日、39歳で来日。足尾教会での働きを初めとして、各地で宣教の働きに従事し、福音伝道教団を設立した。今年はバーネット来日100年になる。その年に宣教の前進と霊的遺産の継承をと、…
続きを読む