アーカイブ: 特集/ひと 証し - ページ 3

ニュース

8月14日号紙面:憲法が意味する天皇の生前退位とは 憲法が「世襲」保障 皇室典範改正へ 憲法に「従って責務を果たす」職務から天皇も解放されうる 憲法学者 国際基督教大学名誉教授 笹川紀勝

2016年08月14日号 4・5面 2016年参議院議員選挙で改憲勢力が3分の2以上となり、改憲発議ができる状況となってきた。そんな中、天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子に譲る「生前退位の意向」を示されたとのニュースが流れた。自民党改憲草案では天皇を元首として規定する中、この天皇陛下の生前退位が憲法上、どんな意味をもつ…
続きを読む
ニュース

憲法が意味する天皇の生前退位とは 憲法が「世襲」保障 皇室典範改正 憲法学者、国際基督教大学名誉教授 笹川紀勝

 2016年参議院議員選挙で改憲勢力が3分の2以上となり、改憲発議ができる状況となってきた。そんな中、天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子に譲る「生前退位の意向」を示されたとのニュースが流れた。自民党改憲草案では天皇を元首として規定する中、この天皇陛下の生前退位が憲法上、どんな意味をもつのかについて、憲法学者の笹川紀勝氏…
続きを読む
ニュース

7月31日号紙面:医療特集 天国の間際で安らげる家 ホスピス型賃貸住宅「かんご庵」 よどまちステーション地域に発進

大阪市東淀川区で4月からスタートした『よどまちステーション』(よどきり医療と介護のまちづくり株式会社)が、地域の人々に好評だ。がん患者だけでなく難病など医療依存度の高い人が安心して暮らせるホスピス型賃貸住宅『かんご庵』を2階に、1階はよどきり訪問看護ステーション、よどきりケアプランセンターの他、コミュニティスペースよど…
続きを読む
ニュース

医療特集 医療だけでなく宣教にも力を 神奈川県横浜市鴨居で地域医療 神田整形外科 

 JR横浜線鴨居駅南口徒歩3、4分のところにある神田整形外科(神田健博院長、神奈川県横浜市緑区鴨居1ノ4ノ6)。「保育所マナマナハウス」の看板と共に、「神田整形外科」の文字がかなり遠くからでも見ることができる。この建物は1昨年に購入。もともと駅前にあった診療所は、基礎部分に聖書を埋めリフォームを施したこの建物に昨年4月…
続きを読む
ビジネス・生活

7月17日号紙面:デジタル・データ化に人手・資金必要 静岡キリスト教盲人伝道センター

日本キリスト改革派静岡教会の働きから生まれた静岡キリスト教盲人伝道センターは、多岐にわたるキリスト教関係点字図書、音声CDを蔵し、点字図書に関わる事業がある。同センター理事長の青山昭一郎さんにその働きをレポートしてもらった。 2016年7月17日号5面 【関連】 ○アジア支援、文書作成、聖書点訳など 視覚障害者特集 2…
続きを読む
ニュース

7月17日号紙面:バングラデシュで支援 視覚障害女性の社会的自立を 日本盲人キリスト教伝道協議会国際交流部が新体制で

貧困問題を抱えつつ、経済政策や様々な企業の活動、NGOなどの活躍で、近年経済成長の著しいバングラデシュ。だが視覚障害者、さらに女性となると社会生活は厳しい状況が続くという。 視覚障害者信徒と晴眼信徒が教派を超えて協力する伝道団体、日本盲人キリスト教伝道協議会(以下・盲伝)国際交流部は、1993年から同国で視覚障害女性を…
続きを読む
ニュース

点訳『聖書 新改訳2017』制作に2年 印刷機・人件費に230万円必要

「福音点字情報センターでは2017年に発行が予定されている『聖書 新改訳 2017』の点字翻訳の準備を始めます。聖書を点訳すると、全部かな表記になるため、墨字の本の何倍もの量になります。点字一頁に載せられる聖句は多くて十節程度です。また、点字用紙は紙自体が厚く、点字の凹凸分だけかさばるためです。ちなみに新改訳第3版の場…
続きを読む
ニュース

7月17日号紙面:アジア支援、文書作成、聖書点訳など 視覚障害者特集

2016年7月17日号4面 新しい段階に進む、アジアの支援、文書伝道の働きなど。 ○バングラデシュで支援  視覚障害女性の社会的自立を 日本盲人キリスト教伝道協議会国際交流部が新体制で 2016年7月6日 ○様々な背景聴き合うこと 国際交流部部長・青山しのぶさん ○デジタル・データ化に人手・資金必要 静岡キリスト教盲人…
続きを読む
ニュース

クリスチャン新聞 福音版8月号 「旅で人生変わった」そのお手伝いを ツアープランナー 松崎洋子さん

ひとそのあしあと 「旅で人生変わった」そのお手伝いを ツアープランナー 松崎洋子さん 「キッチンで祈っていただいた。…涙があふれ、声を上げて泣き出してしまった」 聖書のことばに聴く 過去を忘れ、前に向かって 新約聖書・ピリピ人への手紙3章13節 連載 第 136回 晴考雨読 ~時代を透かしてみれば~ 永井信義 (宮城・…
続きを読む

キリシタン研究・近放伝に貢献   神田宏大氏逝去

キリシタン研究家として知られ『河内キリシタン人物伝』『野崎観音の謎』などの著書がある、大阪府大東市の単立・野崎キリスト教会牧師で近畿福音放送伝道協力会(近放伝)実行委員長の神田宏大氏が、6月21日に病気のため亡くなった。70歳だった。6月28日に告別式が、大阪市阿倍野区のやすらぎ天空館で二宮功氏(JEC泉南福音教会牧師…
続きを読む