アーカイブ: レビュー - ページ 2

ニュース

1月27日号紙面:5月東京でダマー国際映画祭 “物語と説教、両方が重要” 代表ジョセフさん 「教会からも出品を」

2019年01月27日号 03面  米国発の国際映画祭で、広島でも開催されていた「ダマー国際映画祭」が今年5月、東京で開催される。場所は世田谷区の北沢タウンホールだ。代表は米国で活躍する映画プロデュー…
続きを読む
ニュース

[レビュー3]『情緒的に健康なリーダー・ 信徒をめざして 内面の成長が、 家族を、教会を、世界を変える』

「神の国のために全てを捧げる」リーダーたちの“落とし穴”となる「情緒」に焦点を当てる。内面から外面、個人から共同体まで問いを繰り返し、段階的な回復と成長への取り組みを導く。内面では、闇に向き合うこと、…
続きを読む
ニュース

[レビュー2]「教会はどこに立っているのか」 という問い 『「筑豊」に出合い、イエスと出会う』

「ぼくは、筑豊との出合いが自分のあり方を決定した、と思っている」(173頁)。この一文の中に本書の内容のすべてが語られていると言ってよい。著者が筑豊に出合ったのは1961年8月のことである。当時は敗戦…
続きを読む
ニュース

[レビュー1]火急の知らせよヤマトに響け、世界に届け!  『ゴスペルのぬるしをあげて「普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会−歩み・記録集−』

─沖縄の空・海・陸を人々に取り戻すために─  本書は、約6年前に沖縄の普天間基地ゲート前で始まったゴスペルによる抗議活動と日本各地に広がった祈りの輪の記録集である。タイトルにある琉球語の「ぬるし」とは…
続きを読む
レビュー

映画「牧師といのちの崖」ーー死に誘う崖淵でいのちへの希望をつなぐ

藤藪庸一牧師 (C) 2018 DOCUMENTARY JAPAN INC 風光明媚な観光名所といわれる一方で“自殺の名所”とされる場所も多々ある。和歌山県白浜町の三段壁もその一つ。1979年4月、三…
続きを読む
レビュー

映画「未来を乗り換えた男」ーーすべてを捨て置いて“どこでもない場所へ”逃れる難民たち

マリアにヴァイデルになりすましていることを明かせないでいるゲオルク (C)2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma ドイツの…
続きを読む
レビュー

映画「この道」ーー童心の心象風景を童謡のスクリーンに映し出した白秋と山田耕筰

北原白秋を演じる大森南朋(左)と山田耕筰役のEXILE AKIRA (C)映画「この道」製作委員会 昔からのわらべ歌、明治初期からの唱歌を含まず、「子供に向けて創作された芸術的香気の高い歌謡」という意…
続きを読む
レビュー

映画「22年目の記憶」ーー韓国情報機関に金日成の代役を命じられた売れない俳優の悲哀と父子愛

”地上最高の悪役を演じろ”と命じられ独裁者の役柄に呑み込まれていくソングン。 (C)2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. 2018年のエポック・メ…
続きを読む
レビュー

映画「迫り来る嵐」ーー中国の転換期舞台に連続女性殺人事件に取り憑りつかれた男の悲劇

殺人犯を追い詰めようと工場を出入りする人たちを捜索するユィ (C)2017 Century Fortune Pictures Corporation Limited 中国の国情転換期の市民感情を一連の…
続きを読む
レビュー

映画「夜明け」--漠然とした不安の海を漂う心優しき人たち

シンイチを自分の木工所の手伝いをさせる哲郎 (C)2019「夜明け」製作委員会 大学を卒業したものの定職に就かず自己肯定感も低い一人の青年。おとなしい性格で人の好さそうな青年に出会った職人気質の木工所…
続きを読む