アーカイブ: 震災関連 - ページ 32

震災関連

福島県3・11集会「放射能の不安にある方々に寄り添えるように」

  福島県3/11追悼復興集会(福島県キリスト教連絡会主催)が3月6日、須賀川市の東北宣教センター須賀川シオンの丘で開かれ、県内全域の教会、支援団体が集まった。 木田恵嗣牧師(ミッション東北福島聖書教…
続きを読む

「忘れてないよ」の言葉が力に いわき市に新チャペルも 佐藤彰牧師

 福島第一原発から一番近い教会として、流浪の旅を余儀なくされた保守バプ・福島第一聖書バプテスト教会の佐藤彰牧師が3月9日第12回国家晩餐祈祷会(日本CBMC主催)で、11日第12回3・11超教派一致祈…
続きを読む
震災関連

仙台で震災追悼礼拝「苦しむものを慰めるイエスがいる」(※祈祷課題追加)

  東日本大震災追悼記念礼拝(同実行委員会主催)が震災1周年となる3月11日、仙台市宮城野区の東北学院中学校・高等学校礼拝堂で開催され、、震災の犠牲者を追悼するとともに、聖書による慰めと希望のメッセー…
続きを読む
震災関連

「霊的、実際的に長い目で教会を励まして」沿岸支援の1年 単立大船渡聖書バプテスト教会

  岩手県大船渡市のリアスホールで「希望のコンサート」(3.11いわて教会ネットワーク主催)が3月3日に開かれ、地域から20人ほど集まった。音楽ゲストはゴスペルシンガーのMigiwa。 途中、会場から…
続きを読む
震災関連

「町がどうなるか」沿岸支援の1年 日基教団・大船渡教会

「ここで1500人もの人が亡くなったと思うといたたまれませんよ」。夕闇に覆われた岩手県陸前高田市で車を走らせながら村谷正人牧師(日本キリスト教団大船渡教会)は語った。 陸前高田市は東日本大震災の津波で…
続きを読む

救世軍 南三陸町、女川町、大船渡市の仮設店舗建設支援

 東日本大震災発生直後から帰宅難民への宿泊と食事の提供、被災地での緊急給食・物資支援、みなし仮設への物資支援、女川漁港に作業船を寄贈など、その時々の必要に合わせ多様な活動をしてきた救世軍。現在は宮城県…
続きを読む

気仙沼・震災支援通し信仰をもった夫妻「この人たち動かしているパワーって何?」

 宮城県気仙沼市鹿折地区に住んでいた尾形伸一、智恵子夫妻は震災後、避難生活をする中で一人のクリスチャンボランティアと出会い、信仰をもった。尾形夫妻は「神様は絶対見捨てない方だと思いました」と口をそろえ…
続きを読む

福島県民に「いのちの水」届け続け FUKUSHIMAいのちの水プロジェクト

 福島第一原発事故の影響で、放射能に対する不安を口にする人々が急増している福島県。原発から50縲・0キロの福島市、郡山市も風の影響で毎時1縲怩Qマイクロシーベルトと、線量が非常に高い地域だ。NPO法人…
続きを読む
震災関連

南三陸クリスチャンセンター設立へ 地域からも熱望

  行政とも連携を取りながら震災復興支援に携わってきた超教派の「南三陸町を支えるキリスト者ネットワーク」は、現地にクリスチャンセンターの設置を構想し、準備を進めている。 同ネットワークでは現地の人々と…
続きを読む

11か月目の3・11超教派一致祈祷会 いわてネット佐々木氏 岩手の支援状況報告

 震災11か月目の2月11日、「東日本大震災3・11超教派一致祈祷会」(同世話人会主催)が東京・新宿区の淀橋教会で開催。岩手県の被災教会と地域を支援する「3・11いわて教会ネットワーク(以下いわてネッ…
続きを読む