アーカイブ: フォトニュース - ページ 3

ニュース

【連載】D6③教会から離れる子どもたち 彼らの疑問を共に考え真理を目指し寄り添う

アジア福音同盟女性委員会・子ども委員会主催による「D6ファミリーカンファレンス」が6月9日から開催され、基調講演と共に多くのセッション、ワークショップ(WS)が行われた。その内容を連載で紹介する。第3…
続きを読む
ニュース

オデッサに戻り「9月から教会の諸活動を再開していきたい」 ウクライナ船越宣教師報告 2022年7月30日

ウクライナの船越真人宣教師から現地の情報が7月30日に編集部あて寄せられた。 ◇ ◇ ◇ ◇ いつもお祈りと尊いご支援に心から感謝しています。 家内と私は今日(7月30日土曜日)ベリカ・ビーガンからオ…
続きを読む
ニュース

クリスチャン漫画家集結 SNS企画発信で火がつく 少女漫画雑誌「ハレルヤ」

  クリスチャン漫画家が集結した少女漫画雑誌『ハレルヤ』が6月に創刊されて評判を呼んでいる=写真右=。企画制作は「プロジェクトハレルヤ」。発案者の羊野めぇこさんが「クリスチャン漫画家やアーテ…
続きを読む
ニュース

8月7日号1面 「疫病の中で宣教は大きく前進」信州夏期宣教講座で野寺氏

新型コロナ禍も3年目に入った。7月23日には、日本全国で20万人以上の感染者が確認され、1日としては過去最高を記録。専門家たちは「すでに第7波に入った」との認識を示した。そんな中、「信州夏期宣教講座2…
続きを読む
ニュース

宗教と政治「公共圏への挑戦と神学必要」参院選後 稲垣氏に聞く

キリスト者は政治を通して何を目指すか。 7月の参議院選前後には、「政治と宗教」の関係も問われている。 公共神学を提唱し続ける稲垣久和氏(東京基督教大学名誉教授)は「キリスト者が政治の世界に進出すればい…
続きを読む
ニュース

【福島沿岸に住む】地方宣教「共働」のあり方模索 浪江・小高伝道所牧師

「すでにキリストが働かれていた」   小高伝道所外観   福島県南相馬市南部、JR小高駅から西に伸びる通りに、三角屋根の玄関と幼稚園の看板が立った教会堂がある。日本基督教団小高伝道…
続きを読む
ニュース

現代美術の潮流とキリスト教神学が響き合う 立教・西原氏ら「あいち2022」代表者とシンポ

多元時代の「生」を対話   多元主義化した社会でいかに人々が共に生きていくか。美術館やギャラリーといった空間をこえて地域コミュニティーと持続的にかかわる現代美術は教会にもヒントを与える。 愛…
続きを読む
ニュース

【連載】教会実務を考える③ 教会実務における基準

河野 優 石神井福音教会協力教師、前日本同盟基督教団法人事務主事  教会実務の現場において「そのようなやり方では世間に通用しない」「社会に対する証しにならない」などといった声を聞くことがある。教会の実…
続きを読む
ニュース

【連載】共感共苦(コンパッション)―福祉の視点から③ コイノニアー苦しみすら共有する

木原 活信 同志社大学社会学部教授 キリスト教会では、おなじみの「交わり」という用語について改めて議論の余地はないが、案外そこにある根本精神を忘れがちである。この言葉は、ギリシャ語のコイノニアであるが…
続きを読む